2016年10月の結果

20161101_001

ハロウィンも無事終了し、わが保有銘柄の決算マタギも無事通過してほしいと願ってやまないうえけんですこんばんは。

日本株は一時の盛り上がりこそないものの、個別銘柄は結構上昇してウハウハな個人投資家の方もたくさんいるようです(羨ましい)。ワタシもがんばろうと思いつつ、自分なりに迷走を続けている自覚もあるので、年内とりあえず無事に乗り切れればと思っているところです。

ということで今月の結果は以下のとおりです。

運用成績

ファンド 月次 年初来
うえけんファンド +4.14% -1.70%
LTI_FUND +3.35% +5.15%
AMG_FUND +1.93% +3.43%
日経平均 +5.93% -8.45%
TOPIX -5.31% -9.97%
JQ指数 +3.13% +1.24%

注1 うえけんファンドは、低PERで業績を重視した銘柄で運用するアクティブファンドです。

注2 LTI(Long_Term_Investment)FUNDは、日本株及び米国株の高配当銘柄を中心に運用するファンドです。1ドル104.81円で計算しています。

注3 AMG_FUND 5つのアセットアロケーションに分類し、インデックスに連動するファンドに一定額を毎月積み立てて運用するインデックス運用ファンドです。

売買履歴

(新規買い)
中本パックス
ダイトーケミカル
ニイタカ
三機サービス
エイチワン
フルキャストHD
高純度化学
ドトール・日レスHD
日本ケアサプライ
三精テクノロジーズ
キャンドゥ
(買い増し)
EMシステムズ
マイスターエンジニアリング
TDCソフトウエアエンジニアリング
(売り切り)
正栄食品工業
システム情報
富士ソフト
キャリアリンク
ミロク情報サービス

今月の振り返り

今月はこれまで以上に売買を繰り返した月でした。本意ではないのですが、PF入替のための必要な作業として機械的に行ってきました。

今月上昇したのは、EMシステムズ、TDCソフトウエア、システム情報、正栄食品工業あたりが牽引しました。

課題としては上昇相場に乗るための判断基準や売買のタイミングのルールなどはイマイチ場当たり的になりつつあるので再度整理したいな、と。そして、資産効率も向上するという観点からも銘柄選別にあたってより重視していく必要があるな、と。

サッカーの日本代表のようにいつまでも「課題」「課題」と連呼することなく、ひとつひとつクリアしていきたいものですね(笑)

11月もがんばりましょう~(^ ^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする