2017年7月の結果

早いもので7月も終了です。日本株のほうはヨコヨコの状態が続いていますが、このまま夏枯れ相場に入るのか、それとも持ち直すのか。いずれにしても予断の許さない状態が続いています。

ということで2017年7月の結果はこちらです。

ファンド 月次 年初来
うえけんファンド +0.03% +26.80%
LTI_FUND +1.04% +7.26%
AMG_FUND +1.07% +6.98%
日経平均 -0.54% +4.24%
TOPIX +0.42% +6.58%
JQ指数 +3.22% +22.08%

注1 うえけんファンドは、低PERで業績を重視した銘柄で運用するアクティブファンドです。
注2 LTI(Long_Term_Investment)FUNDは、日本株及び米国株の高配当銘柄を中心に運用するファンドです。1ドル110.25円で計算しています。
注3 AMG_FUND 5つのアセットアロケーションに分類し、インデックスに連動するファンドに一定額を毎月積み立てて運用するインデックス運用ファンドです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

売買報告

先週末に報告した売買履歴ですが、昨日7月31日当日に以下の売買を行っています。

(買い)
プロトコーポ(新規買い)
(売り)
ハリマ化成グループ(売り切り)

ハリマ化成グループは、もともと1Qの決算マタギを予定しておらず、売却の予定でした。6月16日発売の会社四季報には「独自増額」と書かれていたのでちょっとホールドするか悩みましたが。予定どおり決算前に売却しました。

1Qの数字自体は減収ですが、もともと上期減益予想だったことを考えれば悪い数字ではなかったと思うのですが、マーケットの評価はそんなに甘くなったようです。

プロトコーポは新規買い。株主優待廃止に伴いそこそこ売られていたので、PTSで新規買い。蛇足ですが、今日も寄成りで買い増ししました。

あんなに1Qがいい数字でも、数千円の優待が減ることで売られるというのも理解ができませんが。まあ、売り買い正解はどちらかは未来のみぞ知るという感じですが、自分としては悪くない買いだったかなあと思います。

コメント

うえけんファンドは、前月比+0.03%、年初来+26.80%となり、先月に引き続き年初来高値を更新しました。一時は年初来+30%に近づくパフォーマンスでしたが、来月以降にお預け、ということになりました。

ポートフォリオ

2017年7月31日現在のポートフォリオは以下のとおりです。

  1. (1)3176 三洋貿易
  2. (3)4928 ノエビアHD
  3. (8)9717 ジャステック
  4. (6)7879 ノダ
  5. (7)7643 ダイイチ
  6. (9)4958 長谷川香料
  7. (-)4298 プロトコーポ
  8. (-)3955 イムラ封筒
  9. (5)3168 黒谷
  10. (-)3630 電算システム

上位10銘柄のみ掲載
カッコ内は前月(6月30日時点)のPF順位
CP=43.99%

主力どころが順次入れ替わるポートフォリオとなっています。同時にCPも積みあがっていて、4月末以来の高水準となっています。

マザースが売られ、日経平均・トピックスが上昇し始めていて、資金が小型から大型株に流入しそうなイメージです。個人投資家が好む銘柄が売られているようですが、この時期に軟調な展開は好調な3月決算銘柄を狙えるチャンスでもあります。

今後は銘柄選別が求められる展開が待っていると思います。さらに上のパフォーマンスを狙えるように精進していきたいです。

8月もがんばりましょう~。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク